私もしかして隠れ肥満?①

隠れ肥満体型とは?

前回お話ししたBMI、皆さんはいかがでしたか?
ここ数年特に耳にするようになったワード【隠れ肥満】。
BMIが25未満(普通・やせ型)なのに、体脂肪率がおおよそ30%以上(標準24%程度)といった、体重は標準なのに体脂肪が多い体型の事が一般的に隠れ肥満と呼ばれています。

痩せているのに、ぽよぽよしている?

体重は標準以下なのに、体脂肪率が多い。
つまり、筋肉量が不足していることが一番の原因として挙がります。
体脂肪は同じ量の筋肉に比べ体積が大きいために、引き締まっていない、ぽよぽよとした見た目になりやすい傾向があります。

この体型の人が陥りやすい傾向とは。

体重は数字としては軽いため、「あと2~4kgくらい落とせば理想の体になれる」と考える方が私の経験上とても多いです。そこで実践するのが、糖質制限や過度なカロリー制限による減量です。減量する行為は体脂肪を減らしますが、同時に筋肉も削られてしまうことが一般的です。前項でお話しした通り、筋肉量が少ないのにさらに減らしてしまう行為はこの体型をさらに促進してしまう可能性が非常に高いです。

実はLANIのお客様で一番多い体型です。

当スタジオで一番多い体型が隠れ肥満です。
ほとんどすべての方が下半身の歪みや姿勢不良を併発しております。
筋肉・骨といった根本的な所からアプローチし、改善をはかっていきます。

関連記事

  1. 体重計の体脂肪率は正確なの?

  2. あなたの体型は?

  3. 私もしかして隠れ肥満?②

  4. セッションの内容について

  5. 体験(70分)の内容について